プロフィール

心と体のバランス改善サロン オーナーの紫藤珠佑(しどう みう) と申します。

京都にサロンをオープンして25年が経ちます。
京都生まれの京都育ち

見た目はおとなしく見られがちですが、慣れてくると、第一印象とはどんどんかけ離れていくしギャップがすごいと言われます。

普通にしているだけなのですが、初対面のとき、慣れるまでは聞き役が得意で、慣れてくるとだんだん面白い人になっていくそうです。笑

基本、人見知りで初対面の人と話すのは下手くそなんです。でも、お店では大丈夫ですのでご安心ください。

でも大勢の人の中に入って行くときは存在を消すのがうまいです。(笑)大勢の人の波にのまれます。(笑)というのも、多分子供の頃の経験がそうさせていると思います。

ーーーーー

小学生から中学生にかけての約7年間 、学校の空気に馴染めず、朝起きたら「学校に行きたくないな〜」と毎日思う、心を閉ざした暗い子供でした。

友達と呼べる人もほとんどできず、誰とも話すことなく、毎日が苦痛で仕方がなかったのです(だから、長いこと京都なんて大っ嫌い!って、思ってました😅)

体調は、いつもなんとなくしんどく検査をしても特に悪いところはないと…それでも、不調は続き、検査の結果

自律神経の乱れからくる「起立性調節障害」と診断されました。

そして夜はたびたび悪夢にうなされていました😭
*ショッカーに追いかけられて、追い詰められて、めちゃくちゃ怖い夢とか
*早く逃げるために自分が飛行機になってブーンって飛んでるのに低空飛行のままで「歩いてるんと一緒の速度やん!もう追いつかれてる」って動かなくて泣きそうになってる夢とか
*走ることは自信があったのに、夢ではいつも追いかけられてて、一生懸命走ってるのに足が思うように動かないし、全然スピードが出てない夢とか

というわけで、子供なのに不眠症だったと思います。
金縛りにもよくなってたな〜。←これはちゃんと寝れてないということです。今なら全部笑えるけど、本当に怖かったです😅どれだけ逃げたかったのか、八方ふさがりだったのかって感じですね(笑)

そして、友達もいないからず〜っとみんなから嫌われてるんや…と思い自分の価値を見出せず学校も楽しくないから勉強も面白くない😒だから、成績もパッとせず自分に自信が持てるはずもない…😔

とにかく我慢とか自己否定しまくってました。そのため、心が苦しいと、身体がおかしくなる、心と身体はつながっているということを、長年、身をもって体験しました。

結局、全部繋がってるなっていうことがわかるのは、もう少し後。

今は心と体のつながりだけじゃなく過去からの出来事や経験も今の自分の全てと繋がっているということがとてもよくわかります。

また、アレルギー症のためアナフィラキシーショックで死の寸前まで行ったこともあります。私の心と体に現れる原因は、ほとんどが自律神経に関わっていることだと知り、じゃあ自律神経をどうやって整えたらいいの?ということを探し求めて東洋医学や自然療法に興味を持ちリフレクソロジーに出会ったのが、この仕事を始めたきっかけです。
その後、アロマセラピーやエステティックも学びました。そして、心の勉強もたくさんしてきました。

その中でも、いちばん効果的なのは幸せホルモンと言われるセロトニンを活用すること!

長年捜し求めていたものがやっと見つかったよ!というくらい私には運命の出会いでした。

今、サロンでさせていただいている「脳活性エステ」 

このお手入れは、幸せホルモンと言われているセロトニンを活性することができ、脳から体や心を癒やしながら整えることができる

セロトニン活性療法です。
体だけでなく、心の安定までしっかりとサポートできるケアなのです。

 現在、サロン経営25年目。

心がしんどい時はお肌もしんどそうです。どちらも女性にとっては大切なこと。だから、どちらも元気でいて欲しい!日々、何かとしんどいこともあると思います。私も長い間、暗〜い時間を過ごしました。

でも、ちょっと見方を変えるだけで生きることはかなり面白くなります。

心理学やセラピーを学んでいく中で気づいたのは、無理に頑張る必要もないし我慢することもない。たまには思いっきり泣いたり、怒ったりしてもいいってこと。そうすると、いろんな感情をしっかり出して感じることができるようになります。これこそが人生を豊かにより美しくする方法なんじゃないかと思います。

だから、もっともっと自分に正直に恥ずかしがらずに自分を表現する場があればいいな〜と思うし
なごみはその表現を安心して出せる場でありたいと考えています。同じ毎日を何気なく過ごすよりいろんな感情や色を感じられる毎日に変えていきませんか?

『私の好きなこと10』
沖縄八重山
旅行
温泉
自然
BEGIN
面白い人
美味しいもの
シンプル
人とちょっと違うこと
本当のこと